産後ダイエット,産後太り対策






骨盤ダイエットの効果

骨盤ダイエットや骨盤矯正が、女性の骨盤の状態を元に戻すためには必要不可欠なものであるということは間違いないのですが、本当に骨盤ダイエットには効果があるのしょうか。

骨盤ダイエットを行わずにいると、骨盤は開ききったままの状態になってしまい、まず腰痛を発症します。
また、骨盤が支えきれない下垂や内臓を守るため、その部分に脂肪がつきやすくなってしまうというデメリットもあるのです。
骨盤ダイエットを行うことによって、尿失禁などの症状も治まった、という例が多く、最近では「出産が終わったら骨盤ダイエット」という風潮が当たり前になってきています。

骨盤ダイエットでは、産褥運動と並行して行っていくことによって、骨盤周辺の筋肉を鍛えることにもなり、結果的に姿勢を更によくすることにもなっていきます。
骨盤ダイエットの効果を更に引き出そうと思ったら、産褥体操は切っても切り離せない関係である、ということになるのです。

骨盤ダイエットをする意味

皆さんは、どうして骨盤ダイエットを行う必要があるのか、ご存知でしょうか。
骨盤ダイエットというのは、その名の通り骨盤を正しい状態に戻すことによって、身体の歪みを矯正し、自然と痩せやすい体質にしていこうというダイエット方法です。

出産が終わった直後の女性の骨盤というのは、びっくりしてしまうほど通常の状態とはかけ離れてしまっています。
まず、出産のときには胎児が通るための10cm前後の産道が必要になりますので、恥骨の間が開き、仙骨が後ろへと移動していきます。
それでなくても、妊娠して赤ちゃんが大きくなってくるにつれて、女性の骨盤はその大きさにあわせて拡がっていき、歪んでいます。

この骨盤は、特に骨盤ダイエットをしなくても、自然の力で元に戻ろうとはしてくれます。
しかし、妊娠中に衰えてしまった筋肉が骨盤を元に戻すだけの力を持っていない場合、完全に正しい位置まで戻ってこないこともあるのです。
このため、骨盤ダイエットを意図的に行うことで、骨盤の位置をしっかりと元に戻してあげることが必要なのです。

産褥体操をするときの注意点

産褥体操というのは、出産をした女性の体調回復を早め、身体の状態を元に戻すためには必要不可欠な体操です。
産褥体操によって、子宮の働きを良くし、体力の回復を早める、という効果があるのです。

しかし、いくら産褥体操が体調回復に効果的であるとはいえ、いくつか注意点があります。
まず、産褥体操を行うときには、無理をせず自分のペースで行っていくということを忘れないようにしましょう。
無理をして産褥体操に励んでも、結果として体調は更に悪化してしまうことにもなりかねません。
産褥運動は体調を良くするためのものなのですから、自分の体調と相談しながら行っていくということは、必ず守る必要があるのです。

産褥運動というのは、基本的に産道や膣を締め、腹筋を鍛えるということが主な目的となりますので、ベッドの中で行えるものばかりです。
ゆっくりと、少しずつ確実に産褥運動を行っていくようにしてください。

基礎代謝量を元に戻すには

妊娠をしていた女性たちは、どうしても運動をしづらい身体になってしまうことで、基礎的な代謝量が落ちてしまっています。
ですから、出産が終わった後でも、体重は落ちるのに体型が戻らない…というような現象が起こってしまうのです。

こうなってしまうと、早く元の体型に戻さなければ、という焦りが先行してしまい、無理なダイエットをしてしまいがちになる女性が多いようですが、これは逆効果です。
少しずつ筋力を元に戻して、食事の量も通常の量に戻しながら少しずつ身体を慣らしていくことで、ようやく通常の基礎代謝量に戻すことが出来るのです。

また、出産直後の基礎代謝量が落ちてしまっている理由の一つには、骨盤のゆるみも挙げられます。
骨がずれてしまうと、身体がゆがんでしまって無理な負担がかかる上、正しい運動ができなくなってしまいますので、出産してしばらくしたら、骨盤体操などを行いながら骨盤の位置を元に戻していくことも、忘れないようにしましょう。

産後体操の種類

産後に行うダイエットや運動などは、現在妊娠している女性や出産直後の女性にとっては、かなり興味のある問題なのではないでしょうか。
出産を経験した女性は、お腹の中の赤ちゃんを守るため、栄養をしっかりと与えてあげるため、どうしても太ってしまうという傾向があります。
更に、出産の際に骨盤が広がってしまうため、更に肥満体質に近づいてしまうことにもなります。

このため、産後にダイエットや運動を行う人がとても多くなっていますが、これにはいくつかの種類があります。
出産後、最初に行うのが産褥運動と呼ばれる運動なのですが、身体が回復してくると今度はこれに骨盤ダイエットや産後ダイエットなどの要素を取り入れていくことになります。

それぞれの運動で効果に違いがあるということをしっかりと認識して、それぞれ並行して、総合的にダイエットを行っていくようにしましょう。
産後の運動やダイエットは、健康が第一なのです。

産後ダイエット時の注意事項〜骨盤の緩み

産後ダイエットをしているときに、初期の頃どうしても気にしておきたいのが、骨盤のゆるみです。

産褥運動から始めた人であっても、やはりまだまだ初期の頃は骨盤が緩んでしまっているものです。
ですから、骨盤が緩んでしまっている間は、なるべく恥骨や仙骨の周辺に力を入れるような運動はしないほうがいい、というように言われています。

この部分の骨に力の入ってしまう運動といえば、スクワットや開脚などのストレッチ、そして重たい荷物を持つなどの行為です。
こういった運動は、せっかく骨盤を元の位置に戻すためのさまざまな行為を台無しにしてしまいかねません。
よく注意しながら、産後ダイエットを行っていき、妊娠前のプロポーションを取り戻していきましょう。

産褥運動を始めよう

産褥運動というのは、出産が終わってすぐに行う、体力を元に戻していくための運動のことを言います。
産褥運動を行うことによって、子宮の回復を早め、骨盤を元の位置に戻すことが出来るのです。

特に、出産によって緩んだままになってしまっている骨盤をそのままにしておくと、後々さまざまな弊害が出てきてしまいますし、肥満の原因にもなります。
産褥運動は、体調がよければ産後すぐにでも始めることができます。
まず、つま先を伸ばしたり立てたり、という運動から始め、腹式呼吸、胸式呼吸などをしながら頭と首を上げ下げする運動などを行っていって、こういった運動をスムーズに行えるようになってから、産後ダイエットを始めていくとより効果的です。

産後ダイエットは、産褥運動に慣れてから。
これは、絶対に忘れないようにしてくださいね。

産後ダイエットの注意点〜環境適応化

産後ダイエットをするときに、どうしても気をつけておいてもらいたいことがあります。
それは、「環境適応化」してしまうような食生活をしないこと、です。

世の中には、必要以上の食事をしていないにも関わらず、そこまで体重変動がない、というような人たちが実際に存在していますよね。
こういった人たちのことを、科学的には「環境適応化」した人たち、というように呼んでいます。
簡単に言ってしまうと、少ないエネルギーでも生きていける身体になってしまった人たちのことですね。
私たちの身体は、ある程度の環境変化でも生きていけるよう、次第に適応化していくようにできています。
それが、ダイエットをしているときにも同じことが起こってしまうことがあるのです。
これを、「環境適応化」といいます。
しかし、産後ダイエット中にこの状態になってしまうと、ますますやせにくく太りやすい身体になってしまった、ということになってしまいます。
産後ダイエットの際には、なるべくバランスのとれた食生活を心がけ、あまり食事制限などでダイエットしようと考えないことが大切なのです。

芸能人の産後ダイエット〜松島菜々子

竹内結子さんほど話題になったわけではありませんが、実は松島菜々子さんも、竹内結子さんと同じくらいの産後ダイエットに成功しています。
松島菜々子さんは、竹内結子さんとはまったく違った産後ダイエットを実践し、出産後わずか4ヶ月で芸能界に復帰するという、プロ根性を見せました。
では実際に松島菜々子さんがどんなダイエット方法を実践したのかというと、「バランスのとれた食生活」に秘密があります。
松島菜々子さんが実践した食事改善方法はいくつかのものをあわせており、おやつはおからクッキーなど脂肪分の少ないものにするとか、豆乳を飲むことで植物性のたんぱく質を多く摂取するようにするとか、五穀米や海藻類を多く摂取するようにしてミネラルを豊富に取り入れるようにするなど、どれも産後の身体をいたわったメニューにするというのが主な目的のようです。
松島菜々子さんは、こういった食生活を4ヶ月続けることで、あのような見事なプロポーションを取り戻したのです。

芸能人の産後ダイエット〜竹内結子

産後ダイエットに成功した芸能人として有名なのは、なんといっても竹内結子さんです。
彼女は、元夫であった中村獅童さんとの離婚騒動でもかなり精神的にまいっていたようですが、そんな中でも産後ダイエットに見事成功し、ウエストなどはなんと8センチも細くなったそうです。

この、竹内結子さんが試したのが、「インスパイリングダイエット」です。
これは、Micacoさんが発案したダイエット方法で、食事制限などは一切しないまま、筋肉や関節、骨盤などをゆるめて、妊娠・出産によってゆがんでしまった骨格や骨盤の状態を正常な状態に戻すことによって、リンパの流れをよくし、自然とダイエットができる身体へと戻していく方法です。
この方法で竹内結子さんは見事に妊娠前の体型を取り戻し、どころか以前よりもキレイな姿勢を手に入れることにも成功したのです。
身体に負担を一切かけることのないこのダイエット方法は、かなり多くの人たちに注目されています。

妊娠中の生活習慣〜体重管理

妊娠中、特におなかが大きくなってきた頃には、夫婦揃って新しい家族の成長を楽しみにしていることでしょう。
この頃になってくると、お母さんとなる女性は特に、自分の体重変動に気をつけてあげる必要があります。
お母さんの、妊娠前の体重から妊娠中の体重を引けば、大体の赤ちゃんの体重が分かりますよね。
もちろん、妊娠中は大体の女性は赤ちゃんに栄養をあげるためにも太ってしまうものですから、一概にその数値がイコール赤ちゃんの体重であるということは言いませんが、やはりその数値も一つの目安として考えることができるようになります。
極端に低い、または極端に重い場合には、産婦人科の先生に相談してみるというのも手でしょう。
例えばそれが、赤ちゃんの体重によるものではなく、母体である女性側の身体の問題であったとしても、そこまで著しい変化が見られたということは、赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があります。
体重の変化は、体調の変化でもあります。
なるべく頻繁に、体重はチェックしておくようにしましょうね。

妊娠中の生活習慣〜栄養計算

妊娠している間は、母体となる女性が摂取した栄養が、すべて赤ちゃんへと行き渡ることになります。
赤ちゃんは、お母さんの身体から出てくるまではへその緒でつながったお母さんから栄養をもらわないと、生きていく術がありません。
だからこそ、赤ちゃんの分までしっかりと栄養を摂取できるよう、お母さんは色々と栄養のことを考えながら、食事をしていく必要があるのです。

妊娠している間は、どうしても赤ちゃんに栄養を吸い取られてしまっているからか、お母さんのお腹がすいてしまうペースも早くなってきています。
だからといって、スナック菓子やファーストフードなどばかりを摂取していると、赤ちゃんにも良くない影響を与えるというのは、分かりますよね。
過度な油分、糖分の摂取は、母体にも赤ちゃんの身体にも悪い影響を与えることになってしまいます。
妊娠している間は、勉強だと思って栄養のことを考えた食事作りをしてみてはいかがでしょうか。
自分の身体にもいい影響になる上、料理の勉強もできて、子供が大きくなっていく過程の中で、バランスのとれた食事作りが出来るようになるというメリットもあります。

妊娠中の生活習慣〜食事

実際に妊娠している女性の方、またはかつて妊娠を経験したことのある女性の方はおわかりだと思いますが、妊娠している最中は、その女性は食事にはかなり気をつけなければなりません。
妊娠しているため、自分の体調にも気を遣わなければならないということはもちろんですが、妊娠しているということは、自分の中に自分とは別の命が宿っているということでもありますよね。
しかも、その命は自分で栄養を摂取することができないため、なんと女性の身体から栄養を分けてもらっている状態なのです。

自分が食べたものが、自分の中にある命にそのままつながって流れ込んでいく、ということを考えると、どうしてもおいそれと食事を軽視することはできないと思います。
栄養やカロリーに気をつけるということももちろんなのですが、妊娠中はどうしても、食べたくなくても食べなければならない、という時期が出来てきます。
こういったときには、自分のためではなく自分の中にいる新しい命のためだ、ということをしっかりと意識して、少しずつ時間を置きながら、きちんと栄養を摂るよう心がけていきましょう。

妊娠中の生活習慣〜睡眠時間

妊娠をしている女性は、どうしても通常よりかなり多くの体力を消費するようになります。
これは、体内で赤ちゃんが育っているから、そのためのエネルギーを消費する、というだけの問題ではなく、物理的にお腹の中の赤ちゃんが成長していくにつれて、自分の身体を動かすのに多くの体力を必要とするからです。

妊娠をしている女性というのは、どうしても疲れやすくなっています。
だからこそ、妊娠している間はしっかりと睡眠時間を取るということを、心がけてください。
最近では、妊娠している間も仕事をする、という女性も増えてきているようですが、やはりお腹が大きくなってくると、どうしても体力を多く消費するようになってしまうものです。
ですから、妊娠中は自分の体力と相談しながら、無理のないように会社と残業時間などの調整を行っておくといいでしょう。
また、家に帰った後も、旦那さんと家事の分担をしっかりと行って、女性側にばかり負担がきてしまわないよう、調整していくのも大切なことです。

妊娠中のストレス解消法〜旅行

旦那さんにまとまった休みが取れるのであれば、出産をする前に旅行に行くというのもいいでしょう。
旅行といえば、日々のストレスを忘れてのんびりとした時間を過ごすには、もってこいのイベントです。
そうちょくちょく行けるわけではありませんが、気分転換には最適ですよね。
妊娠中に激しく動き回るわけには行きませんから、遊園地などに行くというのは辞めておいたほうがいいかもしれませんが、ゆっくり温泉に浸かったり、観光旅行をするには、妊娠している期間は最適です。
いつもとは違う場所で過ごすというのも気分転換になりますし、旅行している間に旦那さんとの思いやりの心を育んでいくというのも、いいかもしれません。
特に、妊娠中は色々と出先で旦那さんに助けてもらうことも多いと思いますので、こういうときにはしっかり旦那さんとコミュニケーションを取ることも、忘れないようにしたいですね。

妊娠中のストレス解消法〜趣味の拡大

妊娠中は、どうしても行動に制限が出てしまいがちなのが難点です。
ストレスを感じると胎教に良くない、ということも言われていますから、穏やかな気持ちでいたいと感じている女性は多いと思いますが、それとは裏腹にどうしても、妊娠中の生活は女性にストレスを与えやすい環境を作ってしまっています。
では、どうすればこのストレスを、少しでも軽減できるのでしょうか。

せっかく家にいる時間が増えたのですから、今まで挑戦できなかったことに挑戦してみる、というのも、いいかもしれませんね。
たとえば、本格的に料理の練習をしてみるとか、生まれてくる子供のために手芸を始めてみる、という女性は、かなり多くなってきています。
また、出産が終わった後に備えて、資格の勉強をしているという方も多いですね。
映画が好きなのであれば、DVDを借りてきて観るというのも、いいと思います。
このように、自分の趣味を拡大してみたり、新しい分野の趣味に挑戦してみることで、ストレスを解消することが出来るようになりますよ。

妊娠中のストレス解消法〜散歩

妊娠している間は、どうしても色々と制限が出てきてしまって、ストレスが溜まりやすいものです。
ストレスを感じるということは、精神状態に負担がかかってしまうということ。
これは、ダイエットをするときの精神状態として、決して良いわけはないですよね。

妊娠中のストレスを解消する方法として、まず挙げられるのが散歩です。
適度な運動は、それだけで気分をリフレッシュさせる効果があります。
特に、散歩をするということは、ついつい家の中にこもりがちな妊娠中の女性にとって、数少ない外の空気に触れる機会でもあるのです。
せっかくですから、近くの公園に行ってみるだけでなく、ちょっと大きめの公園に、旦那さんと一緒にお弁当を持って出かけてみてはいかがでしょうか。
眺めの良い場所でお弁当を広げていると、いつの間にか気分もすっきりしているかもしれませんよ。

妊娠中の悩み〜ストレス

妊娠をしている最中、どうしても気になってしまうのが、ストレスです。
自分の中に他の生命がいるというのは、これまでに考えてもみなかったという女性は、とても多いと思います。
特に最初の妊娠であれば、どこまでなら自分の身体が耐えられるのか分からず、どうしても行動を制限してしまったりすることもあると思います。
こういったことで、ストレスをためてしまう妊婦の方は、とても多いのです。

しかし、お母さんがいつもぷりぷりしていると、それはおなかの赤ちゃんにも伝わってしまうもの。
それに、おなかの中に自分の子供がいるからこそ、常に笑顔でいたいですよね。
ストレスを溜めないようにするには、あまり我慢をしすぎないことが一番です。
妊娠していても、何も外を勝手に出歩いちゃいけないということはないのですから、週に一度は街に買い物に出かけてみるとか、散歩に行ってみるというのはどうでしょう。
無理をしないよう、旦那さんと一緒にデートを楽しむというのも、いいのではないでしょうか?

妊娠中の悩み〜過度な食欲

妊娠初期のつわりの状態がおさまってくると、今度は強い食欲が女性を襲うようになります。
これは、お腹の中の赤ちゃんにも栄養を分け与えるため、赤ちゃんが成長するために身体が必要としているものですから、妊娠中にダイエットのことを考えるよりは、しっかりとお腹の中の赤ちゃんのことを考えて、食べてあげるのが正解です。

ただし、ここで注意しておきたいのは、「必要な栄養を摂取してあげる」ということですね。
いくらお腹の赤ちゃんのため、とはいえ、脂肪分ばかり食べていても栄養はほとんど行き渡りません。
それだけでなく、出産後の身体に無駄な脂肪分がついてしまうだけ、ということにもなってしまいます。

妊娠中は、栄養のバランスを考えながら食事をする必要がありますが、通常の食事以外のときには、あまり甘いものばかり食べるのではなく、栄養価の高いものを時々織り交ぜてあげるというのも一つの手です。

妊娠中の悩み〜つわり

妊娠している女性の方の大半が悩むと言われているのが、つわりです。

つわりというのは、妊娠してから第6週、一ヶ月半くらいから、約一ヶ月の間にかけて起こる症状のことで、つわりがきたことで妊娠したという事実を知る女性も、とても多いです。
これは、体内のホルモンバランスの変化などによって起こる生理現象の一つですので、気にする必要はまったくありませんが、吐き気や食欲不振を伴うつわりでは、大抵の女性が食べ物を食べたくない、という状態に陥ってしまいがちです。
しかし、実はこれはつわりをおさめるのに逆効果で、つわりの症状を軽くしようと思ったら、なるべく空腹状態にならないようにしなければならないのです。

つわりの際には、時間や回数、赤ちゃんへの栄養のことなどは一切考えなくても大丈夫ですので、なるべく冷たいものを食べるように心がけてみてください。
身近な食べ物では、うめやしょうが、にらなども有効ですので、食事に混ぜてみてはいかがでしょう。
また、ミントやローズヒップなども効果的ですから、ミントアイス、ローズヒップティーなどを食べて、精神を落ち着かせてあげるというのも、大切なことです。
産後太り解消情報公開!ダイエットの産後の相談はダイエット教室はお役にたてましたか?

⇒突然ですが、私も実は強烈に産後太りに悩んでいた時期があるのです。 ですからお恥ずかしい話しをひとつ。

あまり大きな声では言えないのですが、
私はダイエットを成功させる前は、親一人子一人の母子家庭でした。
以前の主人と離婚し、仕事と育児に追われながら、一人で子供を育てる日々。
そんな中で今の主人と出会った訳ですが、その時の体重が今の+15kg。
どうしても今の主人に気に入ってもらいたくて、強化ダイエットを決行することを決意しました。
おかげで、集中的にダイエットをした為、2ヶ月で-15kgというダイエットに成功したのです。



⇒カテゴリは右側からどうぞ

▲このページの上へ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。