産後ダイエット,産後太り対策






産婦人科の選び方

産婦人科の選び方

妊娠をされている方、産婦人科の選び方にこまっていませんか?私自身、家の近くに数件の産婦人科がありますが、どこも最近出来たばかりの個人病院がおく、産婦人科を選ぶ際にとてもこまりました。では、どんな産婦人科を選んだらいいのでしょうか?

▼産婦人科の選び方

『妊娠したかも?!』

と思われたら、きっとみなさん、検査薬などで試されるとおもいます。
そして、妊娠の結果がでて、いざ病院に詳しくみてもらおうと思われるとおもいますが、その場合は、近くの病院で検査してもらってもかまわないとおもいます。

1度産婦人科に行ったから、その病院にしなければならないと言う事は、ありません。あくまでも、しっかりとした結果を聞くために行くのですから、その後病院を選ぶのは、自由です。


▼出産スタイルで病院を選ぶ


☆【普通分娩】自然に陣痛が始まるのを待ってお産をするスタイルです。

☆【帝王切開 】お腹を切開して赤ちゃんを取り出す出産スタイルです。

※多胎の場合や自然分娩からの緊急対処法として使用されることが多いです。

☆【立会い出産】普通の出産時に夫立会いのもとに出産するスタイルです。

※安心感はありますが、事前に講習が必要な場合もあります。

☆【LDR】陣痛から出産までを同じ部屋で行う出産スタイルです。

※対応する設備のある病院でしかできません。

☆【無痛出産】麻酔で陣痛の痛みを緩和して出産するスタイルです。

※痛みが和らぎ、リラックスして出産することができます。


▼病院までのアクセスで選ぶ

妊娠中どんなトラブルにみまわれるかわかりません。
近くて、自分のいい所がみつかれば一番いいのですが、妊娠後期になってくると、1ヶ月に1回だった定期健診も、2週間に1回になり、1週間に1回になっていきます。

又、破水をしてしまった、陣痛が始まった場合、緊急で病院に行けるのが望ましいと思いますので、できるかぎり、条件にあった近い産婦人科を選ばれる事をオススメします。


▼出産費用で選ぶ

リアルな問題になってくるかとおもいますが、出産費で選ぶ事もしかりだとおもいます。比較的、国が運営している病院は、施設設備はいいとはいえませんが、出産費用が少なくすみます。

又、ホテルのような個人病院は、病院内も美しく、病室内にトイレや、シャワールームなど設備してある場合もあり、その分金額も高く設定されています。

出産費で選ぶ事も、選択の一つだといえるでしょう。


どんな病院でお産したいですか?


↓↓↓このブログ、ブログランキング何位?!

人気ブログランキングへ


↓↓↓下のボタンを押すだけで、当ブログの最新記事を
アナタの「My Yahoo!」で確認できます。

My Yahoo!に追加



このブログはURLがしっかり反映される工夫をしています,是非コメントを残して下さいね^^

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ブログURL:

ブログへのコメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのTB一覧
産後太り解消情報公開!ダイエットの産後の相談はダイエット教室はお役にたてましたか?

⇒突然ですが、私も実は強烈に産後太りに悩んでいた時期があるのです。 ですからお恥ずかしい話しをひとつ。

あまり大きな声では言えないのですが、
私はダイエットを成功させる前は、親一人子一人の母子家庭でした。
以前の主人と離婚し、仕事と育児に追われながら、一人で子供を育てる日々。
そんな中で今の主人と出会った訳ですが、その時の体重が今の+15kg。
どうしても今の主人に気に入ってもらいたくて、強化ダイエットを決行することを決意しました。
おかげで、集中的にダイエットをした為、2ヶ月で-15kgというダイエットに成功したのです。



⇒カテゴリは右側からどうぞ

▲このページの上へ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。