産後ダイエット,産後太り対策






マタニティーブルーになりやすい人とは

マタニティーブルーには、どんな人がなりやすいのでしょうか。
マタニティーブルーは、出産前後の体内のホルモンバランスが変化することによって、精神的に不安定になってしまい、過度のストレスを感じてしまうことなどで引き起こされる病気です。
ひどい症状の場合は食事を摂れなくなったり、眠れなくなったりすることもあるようですが、一時的なものですので、しっかりとストレスを解消してあげることによって、自然と治っていくものでもあります。

しかし、どうしてもストレスを感じやすい人、精神的に不安定になってしまった自分を気にしすぎてしまう人というのは存在しているものです。
一般的に、マタニティーブルーの症状は、

・内向的な人
・完璧主義者
・几帳面な人
・ものごとによくこだわる人

などに多く見受けられるといわれています。
うまくストレスを発散できなかったり、ストレス自体を溜め込んでしまいやすい性格の人が、マタニティーブルーになりやすい傾向をもっているようですね。

こういった人が妊婦になる場合には、周囲の人たちが上手く妊婦の方のストレスを発散させてあげる環境を作ることが大切です。

マタニティーブルーとは

マタニティーブルー、という言葉を、皆さんは耳にしたことがあるでしょうか。
マタニティーブルーというのは、出産の前後、一時的に女性の体内のホルモンの量が大きく変動することによって、軽いうつ状態になってしまっている状態のことを指しています。
症状は一定ではなく、個人によって差がありますので、一概にマタニティーブルーの定義を出すことは出来ませんが、精神的に不安定になり、涙もろくなったり、イライラしてしまったり、小さなことが気になってしまったり、無気力になってしまったり…というような症状が、一般的にはあらわれると言われています。
マタニティーブルーというのは、そう長く続くものではありませんから、そう心配することもないのですが、症状のひどい人になってしまうと、一日中泣きつづけていたり、ご飯が食べられなくなってしまう…なんて人もいらっしゃいますので、こういった症状が見られた場合には、少し注意をしておくことが大切です。
中には、マタニティーブルーの影響で育児放棄をしてしまう女性もいらっしゃいますので、こういった場合は特に、注意を傾けて支えてあげることが重要になってくるのです。

マタニティーブルーになるきっかけ

マタニティーブルーは、出産前後に軽いうつ状態になっていることを言うのですが、このマタニティーブルーになってしまう原因が何だか、ご存知でしょうか。
マタニティーブルーの原因は、体内のホルモンバランスの変化です。
出産を経験する前後では、女性の体内のホルモンバランスは、著しく変化しています。
この状態が、女性の精神状態を不安定なものにさせ、結果的にマタニティーブルーを引き起こす、といわれています。
このマタニティーブルーは、主に出産後に兆候が出始めると思われている方も多いようですが、実は出産前からもマタニティーブルーの症状が出てしまう女性もいらっしゃいます。
だからこそ、出産前の女性も、出産後の女性と同様、イライラしていたり、落ち着かなかったり、睡眠の質に変化が出てきてしまったりするのです。
ただし、ここで気をつけておきたいのは、このマタニティーブルーの症状によって、女性がストレスを溜め込んでしまわないことです。
この精神不安定な状態は、自分の意志ではないため、女性自身がかなりのストレスを感じています。
このストレスを更に刺激してしまうようなことを言ってしまうと、途端に女性はマタニティーブルーに陥りやすくなってしまうのです。

マタニティーブルーになりやすい季節とは

マタニティーブルーの症状が出やすい季節、というものも、もちろん存在します。
妊婦の方は、特に季節の変わり目に体調を崩しやすいものです。
肩がこったり、疲れやすくなったり、眩暈がしたりなど、ちょっとしたことなのですが、やはり気になる方は気になってしまうようですね。
こういったことがストレスになったり、体調が崩れてしまったことで気持ちまで沈んでしまったことで、マタニティーブルーの症状が表に出てしまうことがあるようです。
また、春先などの季節の変わり目は、どうしても精神的な気持ちの変化が起こりやすい時期でもありますよね。
一般的に、出会いと別れの季節であると言われている春先は、人々の気持ちも変化しやすいものになっている傾向があります。
しっかりと日の光に当たるようにするなど、気分が落ち込んでしまわない工夫をしながら、マタニティーブルーになりやすい時期を乗り切っていくことが、必要になってくるのです。

マタニティーブルーになりやすい人

マタニティーブルーというのは、どういった人たちが陥りやすいものなのでしょうか。
これは、「妊婦の方であれば誰でもなる可能性がある」という答えが、一番正しいものになります。
マタニティーブルーというのは、そもそも体内のホルモンバランスの変化によって起こる、精神が不安定になる状態のことを言います。
妊婦の方というのは、総じて体内のホルモンバランスが著しく崩れやすい、という特徴を持っています。
ですから、妊婦の方であれば誰でも、このマタニティーブルーになる可能性は秘めているのです。

ただし、このマタニティーブルーの状態に陥らない妊婦の方がいらっしゃるのも、事実です。
つまり、マタニティーブルーというのは、妊婦であれば誰でもなってしまうものではなく、妊婦の方の性格や、周りの環境、周囲の人たちの理解などに、大きく左右されるものである、ということになるのです。

妊婦の方は、ただでさえさまざまなストレスを持っているものです。
周囲の人たちが、うまく妊婦の方をサポートしてあげる体制を作ることが、マタニティーブルーにならない一番の方法かもしれませんね。

マタニティーブルー

マタニティーブルー

マタニティーブルーになっていませんか?マタニティーブルーは多くの方がなられると思います。私も、マタニティーブルーになりましたし・・・。
妊娠中の心のケアなど考えてみませんか?


続きを読む
産後太り解消情報公開!ダイエットの産後の相談はダイエット教室はお役にたてましたか?

⇒突然ですが、私も実は強烈に産後太りに悩んでいた時期があるのです。 ですからお恥ずかしい話しをひとつ。

あまり大きな声では言えないのですが、
私はダイエットを成功させる前は、親一人子一人の母子家庭でした。
以前の主人と離婚し、仕事と育児に追われながら、一人で子供を育てる日々。
そんな中で今の主人と出会った訳ですが、その時の体重が今の+15kg。
どうしても今の主人に気に入ってもらいたくて、強化ダイエットを決行することを決意しました。
おかげで、集中的にダイエットをした為、2ヶ月で-15kgというダイエットに成功したのです。



⇒カテゴリは右側からどうぞ

▲このページの上へ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。