産後ダイエット,産後太り対策






妊娠中の悩み〜ストレス

妊娠をしている最中、どうしても気になってしまうのが、ストレスです。
自分の中に他の生命がいるというのは、これまでに考えてもみなかったという女性は、とても多いと思います。
特に最初の妊娠であれば、どこまでなら自分の身体が耐えられるのか分からず、どうしても行動を制限してしまったりすることもあると思います。
こういったことで、ストレスをためてしまう妊婦の方は、とても多いのです。

しかし、お母さんがいつもぷりぷりしていると、それはおなかの赤ちゃんにも伝わってしまうもの。
それに、おなかの中に自分の子供がいるからこそ、常に笑顔でいたいですよね。
ストレスを溜めないようにするには、あまり我慢をしすぎないことが一番です。
妊娠していても、何も外を勝手に出歩いちゃいけないということはないのですから、週に一度は街に買い物に出かけてみるとか、散歩に行ってみるというのはどうでしょう。
無理をしないよう、旦那さんと一緒にデートを楽しむというのも、いいのではないでしょうか?

妊娠中の悩み〜過度な食欲

妊娠初期のつわりの状態がおさまってくると、今度は強い食欲が女性を襲うようになります。
これは、お腹の中の赤ちゃんにも栄養を分け与えるため、赤ちゃんが成長するために身体が必要としているものですから、妊娠中にダイエットのことを考えるよりは、しっかりとお腹の中の赤ちゃんのことを考えて、食べてあげるのが正解です。

ただし、ここで注意しておきたいのは、「必要な栄養を摂取してあげる」ということですね。
いくらお腹の赤ちゃんのため、とはいえ、脂肪分ばかり食べていても栄養はほとんど行き渡りません。
それだけでなく、出産後の身体に無駄な脂肪分がついてしまうだけ、ということにもなってしまいます。

妊娠中は、栄養のバランスを考えながら食事をする必要がありますが、通常の食事以外のときには、あまり甘いものばかり食べるのではなく、栄養価の高いものを時々織り交ぜてあげるというのも一つの手です。

妊娠中の悩み〜つわり

妊娠している女性の方の大半が悩むと言われているのが、つわりです。

つわりというのは、妊娠してから第6週、一ヶ月半くらいから、約一ヶ月の間にかけて起こる症状のことで、つわりがきたことで妊娠したという事実を知る女性も、とても多いです。
これは、体内のホルモンバランスの変化などによって起こる生理現象の一つですので、気にする必要はまったくありませんが、吐き気や食欲不振を伴うつわりでは、大抵の女性が食べ物を食べたくない、という状態に陥ってしまいがちです。
しかし、実はこれはつわりをおさめるのに逆効果で、つわりの症状を軽くしようと思ったら、なるべく空腹状態にならないようにしなければならないのです。

つわりの際には、時間や回数、赤ちゃんへの栄養のことなどは一切考えなくても大丈夫ですので、なるべく冷たいものを食べるように心がけてみてください。
身近な食べ物では、うめやしょうが、にらなども有効ですので、食事に混ぜてみてはいかがでしょう。
また、ミントやローズヒップなども効果的ですから、ミントアイス、ローズヒップティーなどを食べて、精神を落ち着かせてあげるというのも、大切なことです。

妊娠中の悩み〜移動の困難さ

妊娠をしている女性の多くが、そこで初めて気付いた、と言っているのが、「妊娠中の女性は移動が困難である」ということです。
最近では、妊娠している女性でも外に出て働く、ということが多くなってきています。
そうなると当然、女性は職場まで移動する必要がありますね。
例えばバス、電車、車などの手段があると思いますが、妊娠中の女性がバスや電車などの公共交通機関を利用した場合、驚くことにほとんどの女性が、「席に座れない」という回答をしているのです。

公共交通機関の場合、必ず優先席というものが用意されており、妊娠している女性や高齢者の方、ケガをしている方などはそこに座れるようになっています。
また、そうでない場合でも、大抵目の前に妊娠している女性が立っていたら、席を譲るのが当然です。
しかし、最近ではそうでない現状が多く存在しているのです。

この場合、妊娠している女性側はどうすることも出来ません。
皆さんが利用している公共交通機関がいつもそのような感じであれば、車を使って移動するというのが、一番楽なのかもしれませんね。

妊娠中の悩み〜腰痛

妊娠中の女性の多くが悩まされているのが、腰痛です。
妊娠している状態というのは、常にお腹に2000〜3000g程度の重みが乗っている、ということですから、骨盤だけでなく、腰、背中、足など、ほとんど全身に大きな負担がかかることとなります。
この状態は、出産してしまえば一応は収まりますが、骨の位置がずれたままになってしまい、処置を施さずにいたおかげで、今でも腰痛が取れない…というような出産経験者の女性の方も、たくさんいらっしゃいます。

妊娠中の腰痛は、なかなか解消できるものではありませんが、少なくとも痛みを軽減することは可能です。
まず、無理に長時間立ちっぱなしでいる、というのは、腰や背中に大きな負担がかかってしまいますので、なるべくしないようにしましょう。
また、痛みを感じたら、無理をせずにその場に座るか、もしくは横になれる状態であれば横になる、ということも、大切です。

妊娠している女性は、これから出産という大きな仕事に向かって、体力を温存しておく必要があります。
自分で身体をいたわりながら、出産に備えておきましょう。

妊娠中の悩み〜歩きにくさ

妊娠をしている最中、女性の方が多く悩んでいるのが、「歩きにくい」ということです。
妊娠してお腹が大きくなっていくにつれて、女性の方は常にお腹の辺りに大きなボールを抱えているのと同じことになってきます。
実際にボールを抱えていると分かると思いますが、このボールを横によけたりしない限り、足元を見ることができません。
つまり、妊娠中の女性は、足元を見ることが出来ないのです。

これは、女性にとってはとても大変なことです。
お腹に赤ちゃんがいるからこけることは絶対にしたくないのに、足元が見えないために、常にその危険にさらされているということになるのです。

これを避けるために、女性の方は常に、足元を気にしながら歩いていかなければなりません。
足元が見えない状態での歩行は、ちょっとした段差も大きな障害です。
自分と、自分のお腹の中にいる赤ちゃんのことをいたわりながら、移動するするときにはなるべく誰かが隣にいる状態で移動するということを、心がけていきましょう。

妊娠中の悩み〜運動不足

妊娠中の悩みとして、まず挙げられるのは「運動不足」です。
女性は、基本的に普段からあまり運動をしない方のほうが、一般的には覆いと思います。
しかし、それ以上に運動不足で女性を苦しめる時期が、妊娠をしている間の期間です。
この期間は、女性はどうしてもお腹にもう一つの命があるということで、無理に身体を動かすことができません。
子供を一人抱えて走るのが難しいように、お腹の中に赤ちゃんがいると、身体を起こすだけでもかなりの重労働になるというのは、誰もが想像のつくことだと思います。

このように、妊娠中はどうしても、自分の身体が重くなってしまっているわけですから、無理に動くことができませんし、動いたとしてもすぐにバテてしまいます。
こういったときには、なるべく身体に負担をかけないようなストレッチなどをゆっくり行ったり、家の近くを散歩するなどして、負担のかからない程度に少しずつでも運動していく、ということを心がけるだけで、かなり効果が違ってきますよ。

妊娠中のセックス〜子宮収縮〜

妊娠中のセックス〜子宮収縮〜

妊娠中のセックスでは、子宮収縮をさせないよう、気をつけなければなりません。
妊娠中ということはもちろん、女性の子宮内には新しい生命が宿っているということになりますよね。
この子宮が収縮するということは、その中にいる赤ちゃんにも、影響が及ぶことになりかねません。

子宮収縮というのは、膣部を何度も男性性器によって圧迫したり、乳頭を刺激したり、オルガズムを感じることによって引き起こされます。
この子宮収縮が妊娠中の女性と内部の赤ちゃんに及ぼす影響というのは、実ははっきりとわかっているわけではありません。
だからこそ、子宮収縮が赤ちゃんに何を及ぼすかがわからない以上は、刺激を与えないことが一番の回避策なのです。


↓↓↓このブログ、ブログランキング何位?!

人気ブログランキングへ


↓↓↓下のボタンを押すだけで、当ブログの最新記事を
アナタの「My Yahoo!」で確認できます。

My Yahoo!に追加





妊娠中のセックスは大丈夫なのか?

妊娠中のセックスは大丈夫なのか?

妊娠中にセックスをすることに関して、心配をしている方も多いのではないでしょうか。
しかし、基本的に妊娠中のセックスというのは、妊娠して4〜5か月の安定期に入った妊婦の方であれば、問題はないとされています。

ただし、ここで注意しておきたいことがいくつかあります。
妊娠中というのは、どうしてもお腹に赤ちゃんがいるということになりますので、お腹に負担をかけるようなことはしない、というのが前提になってきます。
たとえば妊娠中のセックスが、破水の原因になってしまうというカップルもいるくらいですから、あまり深くまで挿入しないようにして、あくまで女性をいたわるような、優しいソフトタッチのセックスを心がけることが大切です。
特にセックスをしなくても、スキンシップなどでも十分にお互いの気持ちを確かめあうことは可能です。
お互いをいたわりあいながら、妊娠中の期間をすごしてくださいね。


↓↓↓このブログ、ブログランキング何位?!

人気ブログランキングへ


↓↓↓下のボタンを押すだけで、当ブログの最新記事を
アナタの「My Yahoo!」で確認できます。

My Yahoo!に追加



妊娠中のセックスの注意点

妊娠中のセックスの注意点

妊娠中のセックスは、安定期に入った女性であれば、いくつかのポイントを押さえておけば問題なく行為をすることができます。
女性が妊娠してから出産するまでには、実に10ヶ月もの月日を必要とします。
その間、夫婦の間で了承が取れるのであれば、無理のない範囲で行為を行うことは、夫婦間のコミュニケーションを図るためにも重要なことなのです。

まず、ポイントとしては
・お腹を圧迫しないこと
・あまり深くまでは挿入しないこと
・お腹が張ってきたと思ったら、すぐにやめること
・必ずコンドームをつけること
などがあります。

また、妊娠中の女性の膣はどうしても敏感になりやすいので、出血をすることもあります。
子宮内からの出血でないのであれば問題はありませんが、専門の方でなければどこからの出血かというのは、分かりませんよね。
ですので、妊娠中のセックスで出血が見られた場合は、すぐに行為をやめるよう、心がけてください。

妊娠中のセックスは、優しく清潔に、というのがポイントとなるのです。


↓↓↓このブログ、ブログランキング何位?!

人気ブログランキングへ


↓↓↓下のボタンを押すだけで、当ブログの最新記事を
アナタの「My Yahoo!」で確認できます。

My Yahoo!に追加



妊娠中の女性の性欲

妊娠中の女性の性欲

妊娠中に、セックスの量が極端に減ってしまった…と嘆いている男性の方をよく見かけますが、これは単に妊娠中は安静にしなければならない、というだけの問題ではないことがあります。
つまり、妊娠中には性欲そのものが減退してしまう女性が半数を占めているのです。

妊娠中のセックスをすることは、いくつかのポイントに注意しておけば問題はないとされています。
しかし、それでも女性側が妊娠中にセックスをしたがらない…なんて夫婦は、意外と多いものです。
中には、妊娠している間は一度もセックスをしなかった、という夫婦も、珍しくありません。

逆に、妊娠したことによって更に性欲が増した、という女性も存在します。
これは完全に個人差がありますので、どちらがいい・悪い、ということはありません。
ただし、どちらの場合にしても、夫婦間のコミュニケーションなしにセックスを相手に強要するのだけは、やめましょう。
また、女性はどうしても妊娠中のセックスには身体に負担がかかってしまいますので、この点も注意が必要となります。


↓↓↓このブログ、ブログランキング何位?!

人気ブログランキングへ


↓↓↓下のボタンを押すだけで、当ブログの最新記事を
アナタの「My Yahoo!」で確認できます。

My Yahoo!に追加



妊娠中の様々な体の変化

妊娠中の様々な体の変化

妊娠中には初期でしたら、つわりがあったり中期には、ぽっこりお腹かでたり、後期になれば、骨盤がひろがったりなど、いろいろな体の変化がみられます。では、妊娠中にどれだけからだが変化していくのか考えてみましょう。


続きを読む

妊娠中のつわり

妊娠中のつわり

妊娠初期には、つわりというものがあります。ごく一般的にドラマで『うっ!』ともよおすものです。つわりには、個人差があり、若干遺伝も?!などといわれています。では、つわりが来たときには、どうしたらいいのでしょうか?



続きを読む

妊娠中の注意事項

妊娠中の注意事項

妊娠中というのは、とても体がデリケートな状態にあると言えます。今まで来ていたことも、出来なくなったりするので、妊娠中にはとても注意して行動する必要があります。では、どんな事に注意していけばいいのでしょうか?




続きを読む

妊娠中のトラブル

妊娠中の悩みで、妊娠中のトラブルであせる方もいると思います。一つの命が体の中にいるわけですから、それはそれは、大変な事だとおもいます。では、妊娠中のトラブルにはどんなものがあるのでしょうか?

続きを読む

出産・入院までの準備

お産を控えて大体残り1ヶ月くらいになると、出産までに何を準備したらいいのか、初めてのことならなおさら、きになるかとおもいます。
出産、入院までの準備には、何をしておいたらいいのでしょうか?




続きを読む

産婦人科の選び方

産婦人科の選び方

妊娠をされている方、産婦人科の選び方にこまっていませんか?私自身、家の近くに数件の産婦人科がありますが、どこも最近出来たばかりの個人病院がおく、産婦人科を選ぶ際にとてもこまりました。では、どんな産婦人科を選んだらいいのでしょうか?

続きを読む

妊娠中の悩み

妊娠中の悩み

妊娠されて、さまざまな悩みを抱えているお母さんがいらっしゃいます。妊娠中の悩みは、初産の方なら相当おおく抱えられている事でしょう。妊娠中悩んでしまうのは、初めての方なら当然の悩みだと思います。では、妊娠中、どんな悩みを抱えている方がいらっしゃるのでしょうか?

続きを読む
産後太り解消情報公開!ダイエットの産後の相談はダイエット教室はお役にたてましたか?

⇒突然ですが、私も実は強烈に産後太りに悩んでいた時期があるのです。 ですからお恥ずかしい話しをひとつ。

あまり大きな声では言えないのですが、
私はダイエットを成功させる前は、親一人子一人の母子家庭でした。
以前の主人と離婚し、仕事と育児に追われながら、一人で子供を育てる日々。
そんな中で今の主人と出会った訳ですが、その時の体重が今の+15kg。
どうしても今の主人に気に入ってもらいたくて、強化ダイエットを決行することを決意しました。
おかげで、集中的にダイエットをした為、2ヶ月で-15kgというダイエットに成功したのです。



⇒カテゴリは右側からどうぞ

▲このページの上へ戻る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。